製品情報

PRODUCTS

製品カタログ
Transit Optimal Platform

提供中

概要

概要 (1) 概要 (2)

当ツールは、弊社がセミプロダクトを前提として開発した物流のシミュレーターとなります。既設工場や新設工場等におけるAGVのルートや台数の最適化を検証するためのツールです。

当ツールは、AIによるルート最適化を見据えた学習環境を念頭に置き開発を行いました。今後ますます物流が高度化・煩雑化していく中で、AI・機械学習による高度な最適化が求められます。

その際、既存ツールはAIと連携が困難な場合や、学習を回す際の速度に難がある場合が多々あります。その為、AIの学習環境としての連携性や、シミュレーション時間の高速化を考え、ゲーム開発環境であるUnreal Engineをベースとして開発しております。

当ツールには以下の様な特徴があります。

  1. AGVの台数変更と走行ルートの設定

    構内を現実と同じ環境に設定することで、生産台数へ及ぼす影響を確認できます。

  2. AGVのスペックを変更

    速度や積載量を変更できます。

  3. 構内における各種要素の設定、可視化が可能

    積み込み・積み下ろしの所要時間設定/AGV 毎の進行方向の設定/ 棚在庫状況の可視化が可能です。

  4. シミュレータ内の時間を加速

    計算結果を高速に確認することができます。

  5. AI・機械学習による高度な最適化 ※1

    AGV の走行ルート推定をAIで行うことにより適宜最適なルート計画の割り出しが可能になります。

  6. デジタルツイン(DX)の実現 ※1

    リアルタイムルート設計 ~ 改善環境にも活用可能
    別拠点からリモートで監視 / 現場におけるボトルネックの可視化 / メーカー差に寄らないプラットフォーム化 /
    最適ルート計算アルゴリズム / AGV コントローラシステム / 管制システムへロート指示を送信

  ※1 今後の拡張機能

カスタマイズを行う際の機能拡張の一例として、お客様のユースケースに合わせることももちろんですが、実物のAGV運行状況の可視化・稼働状態管理ツールとしての拡張も承っております。

拡張機能イメージ

拡張機能
  1. 物流シミュレーターの3Dデータをベースとした、現在の生産機器・マテハン機器における稼働状況をモニタリングできる機能
    • 別拠点からリモートで監視
    • 現行の現場におけるボトルネックを可視化
    • メーカー差に寄らないプラットフォーム化
  2. 現在の状態から適宜最適なルートを計画するアルゴリズムを独自で実装(ルート最適化アルゴリズムについては、今後の製品ライブラリに追加予定)
  3. ルートを算出した結果、AGVコントローラシステム・管制システムへルート指示を送信する機能

    上記1~3を行う事により、デジタルツインの実現も見込めます。

紹介動画

製品カタログ

弊社製品のカタログを PDF 形式で提供しております。

ご希望の方は、下記アンケートにご回答の上、ダウンロードを行ってください。

製品カタログダウンロードアンケート

※画面は開発中のものです。製品版とは異なる可能性があります。